施工中

header-icon 現代の塗り壁リフォーム

ブラックストーン

塗り壁とは、左官工事で仕上げる日本の伝統的な工法で、水、土、植物などの天然素材を原料としています。
種類としては、漆喰、土壁、繊維壁などに分類できます。
最近では、こうした塗り壁や現代住宅に多いビニールクロスに、直接塗れる塗料や壁材も販売されるようになっています。

このような塗装仕上げはもともと欧米で親しまれている技法であり、ローラーやコテを用いて、漆喰壁などの左官壁のような石目やコテの模様をつけることも可能です。
高度な左官技術も必要なく、工期が短く費用も安く上がるため、店舗・住宅リフォームなどで多く用いられています。

塗り壁の歴史と今後
塗り壁の歴史は飛鳥時代にまでさかのぼり、多くの歴史的な建造物に用いられています。
明治時代にはラスや煉瓦、コンクリートにモルタルを塗って外装を仕上げるようになりました。
しかし時代が進むにつれ、時間がかかるため、クロスなどが増えていきました。

現在ではシックハウス症候群が多くなっており、自然素材を使用した塗り壁が見直され増えていきました。
自らリフォームすることも流行り、自分たちで珪藻土や漆喰を壁に塗る人も増えてきたので、さらに今後広がっていく傾向にあります。

header-icon 塗り壁の特徴について

リフォームプロダクツ

塗り壁は、一戸建て住宅を所有する人にとって大きな関心ごとのひとつとしてとらえられており、住宅のリフォームを行う際にも定番となっています。
特に、外壁の塗装は時間の経過とともに徐々に剥げてゆくことが知られているために、早いうちから信頼のできる業者の選定作業を行う事が求められています。

塗り壁についてのプロフェッショナルがそろっている業者については、全国にも限りがあるために、口コミなどを利用してより良い所を利用することが大切です。

リフォーム施工
リフォームとは、建物に対して改善や修復を施すための作業です。
建物は、一度建てただけで工事の必要がなくなるわけではありません。古くなったり、交換すべき場所が見つかったならば、工事に着手しなければなりません。
壁を新しくするならば、機能性が見直されつつある塗り壁という選択肢があります。

また、外壁部分が劣化して、塗装に各種の問題が生じるようになると、リフォームによって外壁への塗料の再施工を行う必要があります。

header-icon リフォームの歴史と今後

壁の修繕作業

リフォームは増改築として行われてきたことから考えると家屋などの発生から始まったといえるものです。
塗装で着色をするというような塗り壁を活用する方法は、日本では漆や木目などが多かったこともあり比較的近年、大正昭和あたりになってから一般的になってきたものです。

今後は色味を自由に設定するということだけではなく、塗料の進化によって壁面保護などの機能性も含んだ建材の補強やメンテナンスの一環としても活用されていきます。

塗り壁リフォームの効果
リフォームは、建物とは切り離せない重要な関連性を持っています。
新築当時は高い堅牢性を持っていた建物も、年月の経過と共に耐久性が失われてしまい、部分的には、外壁部分の塗装が剥がれるなどの現象が見られます。

そのような問題を機会として、塗り壁リフォームという選択肢も改めて選ぶ事が可能です。
壁に漆喰などの素材を用いることで、住宅に高い機能性が追加できます。この利点を活かして、生活の質を向上させる手段が選べます。

オススメリンク
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930